ライフハック

眠れない原因はブルーライトじゃない?眠れなくなる本当の原因

投稿日:2018年10月11日 更新日:

仕事で疲れたのに、眠れない。明日朝が早いのに眠れない。私自身も眠れなかった経験はたくさんあります。
そんな夜眠れないあなたに知ってほしい心理学と、なぜ眠れないのかについて心理学の観点から説明していきたいと思います。このテーマは、1記事で収まりそうにないので、テーマを分割して、紹介していきたいと思います。あなたの役に立てたならとてもうれしいです。

今回紹介するのは、「スマホ画面の見過ぎが眠りを妨げる」という内容です。

下の目次から読みたい項目へ飛んでください。

 

 

・なぜスマホ画面の見過ぎで夜に眠れないのか

そもそもなぜ眠れないのか、考えたことはありますか?原因は、スマホの画面の見過ぎ、考え事など様々な要因があると思います。この項目では、最近よく睡眠不足の原因として挙げられる、スマホ画面の見過ぎという要因についてまとめていきます。

スマホやPC、タブレットの画面からは、光が常に放射されています。よく言われるのがブルーライト(青色の光)ですが、実は、ブルーライトを浴びているから眠れなくなるというわけではないんです。その理由を説明するためには、ブルーライトについて簡単な理解をしておくとわかりやすいので、ブルーライトを簡単に説明していきます。

ブルーライトとは、その名の通り青い光のことを指すわけですが、実際のスマホや照明の光は、青色ではなく、白色に見えています。実は、このスマホの画面や照明の光は、青色の光に化学発光させるフィルタをかけることで、白く見せているんです。そのため、ここで言うブルーライトとは、人の目には白く見えるLEDの光のことを言っているわけです。

先ほども例に挙げたように、スマホの画面と、LED照明から出る光は、同じものです。なぜならスマホの画面にもLEDが使われているからです。下の画像は、LEDライトの光の色別の分布です。(スペクトル分布といいます)一番大きくとんがっているところが青色の光のスペクトルです。

ブルーライトを理解していただけたでしょうか?つまり、ブルーライトは、スマホの画面だけでなく、LEDが使われている様々な家電製品の光のことを言っているわけなので、LED照明の一つでもつけていれば、ブルーライト浴びすぎで眠れなくなるはず。でも実際はそうではないですよね。それでは、スマホ画面の見過ぎでなぜ眠れなくなるのかを説明していきます。

 

スマホ画面の見過ぎで眠れなくなる本当の理由
スマホの画面の見過ぎによって眠れなくなる本当の理由は、目が疲れてしまう(緊張する)からです。スマホの画面をずっと見ていると、目が疲労し、目の周りの筋肉が緊張しっぱなしになってしまいます。筋肉が緊張しているため、自律神経が乱れ、交感神経が優位になってしまうため、眠れなくなってしまうのです。
端的にまとめると、スマホの画面の見過ぎ→交感神経が働く→眠くなくなる→スマホ見続けるという悪循環が生まれてしまうわけです。画面の見過ぎによる睡眠の妨害のメカニズムをわかっていただけたかと思います。

スマホ画面の見過ぎによる睡眠不足の解消方法はここをクリックしてください。

 

 

 

・(アイスブレイク)日本人の睡眠不足の慢性化について

ここで興味深い小話です。世界の主要国の睡眠時間の統計が出ているのですが、

日本は何位だと思いますか?

睡眠時間の長さで言うと、なんと、日本は堂々の最下位なんです。

 

 

 

 

 

 

(厚生労働省,平成26年版厚生労働白書 ~健康・予防元年~,2014)

 

上の画像でもわかるとおり、日本人の睡眠時間は主要国と比べると最下位なんです。また、男性よりも女性の方が睡眠時間が短いこともわかります。
逆に、日本人は、労働時間ではトップクラスの順位にいます。つまり、日本人は、働いている時間が長く、睡眠時間が少ないのです。このことに関しては、別記事にてまとめたいと思っています。

 

 

・スマホ画面の見過ぎによる睡眠不足の解消法

最後に、スマホ画面の見過ぎという原因にフォーカスして、睡眠不足の解消の手段を提案していきます。いいなっと思ったらその夜に実践してみてください!でなくてはこの情報の意味もなくなってしまうので。

 

(1)スマホの画面を見ない
スマホの画面を見ないにこしたことはありません。ただ見ないようにするのではなく、見ないために自分の中で具体的に制約を立てましょう。例えば、「寝る一時間前から画面を見ない」、「機内モードにして通知を来なくする」などです。ベットに横になっていても、ツイッターやラインの通知が気になってしまった経験はありませんか?そんな経験がある方はぜひ試してみてください。

 

(2)目のマッサージをする
初めの項目でも説明した通り、目が緊張しているから交感神経が働いてしまうんです。そのため、目の緊張をほぐすことで、交感神経を和らげることができます

目のマッサージ方法としては、その場でできるのがツボ押しです。ネットで「目 ツボ」で検索すればたくさん出てくるので、ぜひ実践してみてください。

また、個人的にお勧めなのが、水で濡らしたタオルを電子レンジでチンして、ビニール袋に入れて目に当てるという方法です。ただこれは手間がかかるのが難点ですが(笑)

 

(3)寝る前の時間に習慣をつくる
これは、(1)とも関係してくるのですが、スマホを使わないでできる習慣をつくることです。例えば、「寝る前の30分は読書をする」、「寝る前の15分間ストレッチをする」などです。習慣をいち早く慣れさせるためには、目的をより具体的に決めたほうがいいです。このことは、「やる気、モチベーションの心理学」でも紹介しているのでぜひ見ていってください。

いかがでしたでしょうか。少しでもやってみようと思った方は、ぜひ実践してみてください。私は(3)の習慣作りに現在取り組んでおります。最後まで読んでいただきありがとうございました。

-ライフハック
-

スポンサーリンク

関連記事

一人暮らしでも栄養が簡単にとれるおすすめ食材3選【安さ重視】

一人暮らしをしていて栄養が偏っていないか心配… 簡単に栄養が取れる食材が知りたい… 料理はめんどくさいからそのまま食べられるものがいいな…   こんな疑問 …

一人暮らしに必要なキッチングッズ&便利なグッズ7選

一人暮らしに必要なキッチングッズって何があるんだろう… あったら便利なキッチングッズも知りたいな… 初めての一人暮らしだから何がいるのかわからない!   そんな疑問、 …

【忙しくて時間がない人向け】3つの時間管理の方法

忙しくて時間がない… 趣味にさける時間がない… 勉強、仕事に費やせる時間がつくりたい… そんな悩みを解消します。忙しくて時間がない人へ向けて、3つの時間管理のスキル …

勉強してない大学生必見!勉強のやる気を上げる3つの方法

勉強したいけどやる気がでない。。。 勉強のやる気の上げ方がわからない。。。 大学生になったけど勉強ができてない。。。 大学生だけど勉強ができていない。こんな悩みを抱える方に向けて、勉強のやる気がでる3 …

朝起きれない人にお勧めする睡眠解析アプリ:Android限定

今回は、朝起きれない人に向けて、記事を書いていきます。なお、Android限定でリリースされているアプリのため、iPhoneを使っている方は、紹介するアプリを利用できないのですみません。 睡眠改善とい …

初めまして、ゆるふれと申します。このサイトは読者の生活がよりよいものになるような情報を提供するため、自分のPC関連のスキルアップのために開設しました。役立つ記事があれば参考にしてください。