太ってて自信がない人におすすめしたい。簡単な自信のつくり方

ダイエット
「太っていて自分に自信が持てない」
「ダイエットに失敗して自分に自信が持てない」

 

そんな不満、不安を解消します。

この記事を読むと、太っている人が自信を持てない理由を知り、自信を持つための具体的な方法を学べます。

実は、太っている人が自分に自信が持てないことには、心理学的根拠があります。その理由は、自尊心が低い人が太っていることを理由に自分を責めてしまうと、さらに自尊心が低くなる悪循環にいるためです。

自信を持つためには、その悪循環から抜け出す必要があります。
この記事では、毎日感謝をすることで、自分に自信をつける方法を解説しています。

 

[ad1]

 

・太ることで自信がなくなる理由

太ることで自信がなくなる理由は、自尊心が低い人ほど太っていることを気にする傾向があるためです。太っていることを気にすると、自尊心が低くなり、さらに深く太っていることを気にしてしまう悪循環に陥ってしまいます。

Eliana M. Perrinらの研究も、このことを示唆しており、太っていて自尊心の低い人は、自信を持つことができなくなる傾向があります。

「どうして痩せないんだろう」、「太っているから恋愛ができない」などの自分に対して諦めてしまう気持ちを抱えていると、自分に自信がなくなってしまいます。

自分に自信がないと、ダイエットを始めてもモチベーションが続かず諦めてしまったり、中途半端に自分を甘やかしてしまったりという状況に陥りやすくなります。

太っていること自体が自分に自信を持てなくなる原因になっているということです。

 

 

太っている人の社会的地位

自分に自信がなくなる理由は、太っていること以外にもあります。

現代の一般の人は、太っている人を下に見る傾向があります。Andreyeva T, Puhl RM, Brownell KDらの行った調査では、1996-1997年から2004-6年までの10年間で、肥満差別をする人の数は約66%も増加したことがわかっています。

時代が進むにつれて、太っている=社会的地位が低いという思い込みが社会に定着していることがわかります。

実際日本においても、太っているだけでいじめの対象になったり、悪口を言われたりすることがあります。

 

自分に自信がなくなってしまうのは、社会的地位が低いとみなされた環境で生活していることが原因として挙げられます。

[ad2]

 

・自信を持つためにできること

自信を持つためにできるのは、誰でも何にでもいいので毎日夜寝る前に感謝をすることです。

感謝をする対象は、人でも、ものでも、アイディアでもなんでも構いません。とにかく感謝をすることが重要です。
物事に感謝することで、前向きな思考が身に付き、自分に自信が持てるようになります。

具体的には、1日3つを見つけてノートに書きだしていってください。スマホのメモ帳でもいいですが、紙に書くことで脳を活性化できるので、なるべくノートに書き出す方が効果的です。

この感謝の重要性については、心理学者のマーティン・セリグマンの研究にも結果として示されています。

 

自信がつけばダイエットするモチベーションも生まれ、痩せられることができ、さらに自分に自信を持てるようになります。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

参考
Eliana M. Perrin, Janne Boone-Heinonen,etc…, Perception of Overweight and Self-esteem During Adolescence
Andreyeva T, Puhl RM, Brownell KD, Changes in perceived weight discrimination among Americans, 1995-1996 through 2004-2006

[ad3]

コメント

タイトルとURLをコピーしました