ライフハック

大学でぼっちになるデメリット5選【解決策もあります】

投稿日:

大学でぼっちになってしまった…

友達が一人もできない…

ぼっちのデメリットってあるの…

 

せっかくの大学生活、クラスやサークルの人たちをワイワイ過ごしたい!、と思っていたのにぼっちになってしまった人はいませんか?(私です…)

4年間大学でぼっちをしていた私から、実体験をもとに大学でぼっちになるデメリットを5つ紹介します。

これから大学生になる方、すでに大学生でぼっちになってしまった方に読んでいただければうれしいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

大学でぼっちになるデメリット5選

大学でぼっちになるデメリットを5つほどまとめました。ここで挙げるものはどれも私自身が体感したものなので具体的な体験談も加えながら説明していきます。

上から順にデメリットの度合いが大きいように並べました。

 

(周りと比べて)講義がきつくなる

大学でぼっちになることの一番のデメリットは、講義が大変になることです。

大変になる理由は以下の2つがあります。

 

・グループワークが大変

ぼっちの場合は気軽に声をかけられる友達がいないのでグループワークをすることが難しいです。大学の講義の多くは座学ですが、最近ではアクティブワーニングとしてグループワークを講義に加えることもあり、避けて通れないと思った方がいいです。

 

・過去問の入手が難しくなる

友達や先輩のいる場合は過去問を入手してテストで楽々高得点を取ることができます。しかし、ぼっちの場合は己の力のみでテストに挑むことになり、難易度が跳ね上がります。

 

講義の成績は、留学の選考やゼミ・研究室の選考に直結するとても重要なものなので、講義が大変になることはぼっちの最も大きなデメリットと言えます。

 

 

コミュ力が落ちる

大学でぼっちになることのデメリット2つ目は、コミュ力が落ちることです。

ぼっちになると講義の空き時間や休みの日に人と話さなくなるので、コミュ力が落ちてしまいます。

コミュ力が落ちると人と話すのが苦手になり、さらにコミュ力が落ちるという悪循環に陥ってしまいます。

 

 

しゃべる回数が減る

大学でぼっちになることのデメリット3つ目は、しゃべる回数が減ることです。

これは上で挙げたコミュ力が落ちるのことと関連しています。大学生活では自分から動かないと人と話す機会がなくなり、丸一日一言も話さないなんてザラにあります。

 

 

 

時々寂しくなる

大学でぼっちになることのデメリット4つ目は、寂しくなることです。

人は社会性のある生き物なので、ずっと一人でいると当然寂しくなります。私自身ぼっちで過ごした半年ほどは寂しくないと考えていましたが、時間が経つにつれて寂しさを感じるようになりました。

寂しくなると趣味や勉強に集中することもできなくなるので注意が必要です。

当時の対処法として、意識的に外に出かけることをしていました。誰かと話さなくても気がまぎれるのでおすすめです。

 

 

遊ぶのが億劫になる

大学でぼっちになるデメリット5つ目は、遊ぶのが億劫になることです。

大学ではぼっちでも、中学や高校では友達がいたって人はたくさんいます。ぼっちの生活を続けていると、せっかく声をかけてもらっても遊ぶのが億劫になり、家から出なくなります。

 

 

 

スポンサーリンク

 

脱ぼっちするために…

脱ぼっちのためにすべきことを3つ紹介します。

これから大学へ進学する人、今現在大学生の人に知っておいてもらいたいです。

 

アルバイトを始める

アルバイトはぼっち脱却に効果があります。具体的なアルバイトを始めるメリットを挙げます。

 

・人と強制的に話すことができる

アルバイトを始めると店員さんやお客さんと強制的に話すことになるため、ぼっち歴が長い人でも人と話すことができるようになります。

人と話すのが苦手な方は裏方のアルバイトがおすすめです。

 

・バイト仲間ができる

バイト先は大学とは別のコミュニティなので大学よりも仲間をつくりやすいです。また、強制的に話すことになるため自然と名前を覚えてもらえます。

アルバイト先にうまくなじめない場合は、単発バイトで初対面の方と話す練習をしてみるのもありかと思います。

 

アルバイトはぼっち脱却にとても効果があるのでぜひ始めてみてください。

余談ですが、彼氏・彼女を作りたい方は飲食店のアルバイトがおすすめですよ。飲食店のアルバイトは大学生が多く、空き時間におしゃべりができるので仲良くなれます。

 

 

SNSで友達作り

SNSでネット友達をつくるのもおすすめです。インターネットが普及した現在ではネットで知り合った方と結婚という事例も珍しくなくなっています。

また、SNSでは同じ趣味を持った方を見つけやすいので友達探しのハードルが低いです。

 

 

一人旅してみる

脱ぼっちするために直接的な効果はないですが、一人旅をしてみることで世界観が変わるかと思います。

一人旅をしてみると、自分ひとりでもこんなに色々なことができるのか、と自信がつくはずです。

また、ぼっち=悪という考えがなくなれば、案外ぼっちでも気にしなくなるものです

 

 

 

 

ここまでぼっちであるデメリットを挙げてきましたが、メリットもあります。大学でぼっちだから大学生活終わったなんて思う必要はありません。

ぼっちは誰にも邪魔されない、干渉されないので新しいことに挑戦するハードルが低いです。自分のやりたいことにひたすら打ち込んでみることをおすすめします。

 

以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

-ライフハック
-,

スポンサーリンク

関連記事

【時間がない大学生必見!】自分の時間をつくる方法

入学してからやりたいことが全然できていない… 講義やバイトが忙しくて時間がない… 毎日時間に追われていてつらい… そんな悩みを解決します。時間がない大学生に向けて、 …

眠れない原因はブルーライトじゃない?眠れなくなる本当の原因

仕事で疲れたのに、眠れない。明日朝が早いのに眠れない。私自身も眠れなかった経験はたくさんあります。 そんな夜眠れないあなたに知ってほしい心理学と、なぜ眠れないのかについて心理学の観点から説明していきた …

朝起きれない人にお勧めする睡眠解析アプリ:Android限定

今回は、朝起きれない人に向けて、記事を書いていきます。なお、Android限定でリリースされているアプリのため、iPhoneを使っている方は、紹介するアプリを利用できないのですみません。 睡眠改善とい …

一人暮らしに必要なキッチングッズ&便利なグッズ7選

一人暮らしに必要なキッチングッズって何があるんだろう… あったら便利なキッチングッズも知りたいな… 初めての一人暮らしだから何がいるのかわからない!   そんな疑問、 …

一人暮らしでも栄養が簡単にとれるおすすめ食材3選【安さ重視】

一人暮らしをしていて栄養が偏っていないか心配… 簡単に栄養が取れる食材が知りたい… 料理はめんどくさいからそのまま食べられるものがいいな…   こんな疑問 …

初めまして、ゆるふれと申します。このサイトは読者の生活がよりよいものになるような情報を提供するため、自分のPC関連のスキルアップのために開設しました。役立つ記事があれば参考にしてください。